ウェカラパは北海道滝川市の焙煎珈琲店です。 コーヒー豆の販売、店内でコーヒーも飲めます。チョコレート等を使ったアレンジコーヒーもあります。

珈琲焙煎 ウェカラパのご紹介

自然あふれる北海道滝川市で自家焙煎店を営んでおります。
世界各国で栽培された、たくさんのコーヒー豆から店主が選び、そのコーヒー豆の一番おいしいローストで焙煎し販売しております。

自然と美味しいという言葉がでる。一瞬でも美味しい以外のことを忘れる。そんなコーヒー豆が焙煎できるよう日々研鑽を重ねております。

もちろんコーヒーも飲めます。
コーノ式ドリップで、一杯一杯「おいしくな~れ」と気持ち込め、エグ味のないコクのあるコーヒーを丁寧に抽出しております。

コーヒーが苦手という方にも、コーヒーに興味を持っていただけるよう、アレンジコーヒーも提供しております。 アレンジコーヒー、アイスコーヒーについては、かなざわ式ドリップでコーヒーのうま味部分のみを抽出したエキスで提供いたしております。 コーヒーという奥深い世界の入り口を広くすることで、たくさんの方にそれぞれのライフワークで楽しんでいただければと思っております。


ウェカラパとは、アイヌ語で「集まる」という意味です。北海道ではアイヌ語の地名が多くあり、先住民であるアイヌ民族が北海道を象徴すると思いました。なぜ「集まる」を選んだかというと、地域の方々はもちろん、色々な方たちに来て頂き、コーヒーという共通言語で親しくなることで輪が広がっていけばおもしろいなということと、ウェカラパはいつまでも変わらずそこにあり、変わらぬ顔がいる。そんな思いも名前に込められています。

地図/アクセス時間はこちら

MENU

Coffee beans

ホンジュラス モンテシージョ農園 /中煎り  100g 650円
コロンビア オパラパコロナ/中深煎り  100g 500円
エチオピア コンガ/中煎り  100g 750円
ガテマラ ラ・フォリー農園/中深煎り  100g 580円
ブラジル ダテーラ農園  100g 450円 
コーヒー豆は100g単位での注文となります。

Coffee

ドリップコーヒー 各銘柄 400円 / 2杯目200円
アイスコーヒー      450円
カフェオレ        500円
カフェモカ        550円
カフェキャラメル     550円

ドリップはコーノ式によるハンドドッリプでの抽出となる為、お時間がかかりますがご了承ください。
※フードのご提供はございません。

1.ブラジル特徴(豆)

brazil_bean01

ブラジル ダテーラ農園

コーヒー生産地で有名なミナスジェライス州の1000~1100mで栽培されており、品質向上のために常に新しい手法を研究し続けている農園です。
ビターチョコのような風味でやわらかい味わいで、アイスコーヒーにも使用しています。

2.コロンビア特徴(豆)

columbia_bean01

コロンビア オパラパコロナ

生産地をウィラ県に限定し、1650~1750mの高地で栽培された特に品質の優れたもののみとなっております。
フルーツやバニラ思わせる甘い風味でまろやかな味わいです。

3.エチオピア特徴(豆)

etiopia_bean01

エチオピア リムG1

リムは、コーヒー発祥の地という伝説の残るジマにくくられる地域です。標高1700m~と高地で栽培されています。
ベリー系の風味が特徴でやさしい味わいです。

4.ガテマラ特徴(豆)

guatemala_bean

ガテマラ フロレンシア農園

2008年、2009年と二年連続でグァテマラ カップ・オブ・エクセレンスを受賞したラ・フロレンシア農園は、首都グァテマラ・シティの東40kmにあります。19世紀初頭に作られて以来、6代にわたってコーヒー栽培が続けられてきた由緒あるコーヒー農園です。
フローラルな香りに、なめらかな質感とコクがあり、後味にほのかにフルーティーな甘みを感じます。

5.コーヒー豆の保存方法

粉の状態で1週間、豆の状態で2週間ぐらいが、おいしく飲める期間です。そのことを考えて常温で飲みきれる量を購入することをお勧めいたします。
冷蔵する場合は、冷蔵庫の匂いを吸ってしまう為、密封容器や袋に入れて保存してください。
冷凍はお勧めいたしません。豆と豆の油分が分離してしまい、香味がなくなってしまう為です。

6.コーノ式ドリップ

当店のドリップコーヒーは、珈琲サイフォン社のコーノ式名門フィルターを使用し1杯ずつドリップいたしております。

このフィルターは、円錐状になっており、ペーパーをフィルターで支えるホルダーの役割をしています。

この原理はネルドリップと同じ原理で、ペーパーが円錐になっており、コーヒーの液がペーパーの中で滞ることなく一点に集中して抽出されます。

そうすることで、えぐみのないうま味成分だけを抽出することが出来ます。

image00image01

7.かなざわ式ドリップとは

うま味成分が凝縮されたコーヒーエキスを抽出します。
コーヒーは最初の段階でうま味成分が抽出され、一定量が抽出されるとうま味成分と共に渋みやえぐみも抽出されてしまいます。
かなざわ式ではうま味成分だけを抽出する方法で、後味もすっきりとしていて飲みやすいです。
当店ではアイスコーヒーやアレンジコーヒーの際に行っております。

image02image03

最新のブログ記事

道産子

0

イランカラプテ!!(アイヌ語でこんにちは)

アイヌ語は国際連合教育科学文化機関の調べで
極めて深刻な消滅の危機と分類されているそうです。

 

お店の名前もアイヌ語です。

 

ウェカラパ(集まる)。

 

北海道に地名としても馴染み深いアイヌ語を無くしたくはないですね。

今更ながらアイヌについて学ぼうとWikipediaを最近よく見てます。

 

学ぶことって面白いです!

 

そして、来月の豆をテスト焙煎。

久しぶりに深煎りで個性が出る豆かも!!

まだ豆を食べただけですけどね(^o^;)

豆を選ぶときは深煎りから浅煎りまで焙煎してカッピングをして決めています。

14369945_1458074884209695_7805424762802001579_n 14333619_1458074894209694_4754980436384947821_n

温度

0

だいぶ気温も下がってきましたね。

コーヒーの抽出温度って気になりませんか?

沸騰してすぐのお湯を使っていませんか?

 

コーヒーはお湯の温度が高ければ成分が抽出されやすくなります(良いも悪いも)。

低ければ成分の抽出は遅くなります。

ドリップはこの温度を変えることで、できるだけ悪い成分の抽出を押さえます。

そうすることでキレイで飲みやすい、風味のあるコーヒーになります(粉の粒度、量も関係します)。

フレンチプレスやエスプレッソは良いも悪いも含めて抽出することでコーヒーそのもののおいしさを引き出します。

なので、淹れ方でお湯の温度が変わってくるということです。

 

必ずしも低くすればいいというわけでもないことです。

 

ただドリップは90℃ぐらいには温度を下げたほうが良いと思います。

温度が高すぎる(90℃以上)と苦味や雑味が出やすく、香りはでやすいですが、味は損ないやすくなります。

温度が低いと(低くても82℃ぐらい)香りは弱いですが、雑味が出ずらくなるので味わいがよくなります。

豆や焙煎度によっても変わりますが参考にして頂ければと思います。

 

ちなみにウェカラパでは、夏は86℃、冬は88℃です。

14355077_1456242061059644_8145041705170524532_n

TOBIU CAMP

0

原始に戻ったような幻想的な夜から清々しい朝です!!

本日もTOBIU CAMPに出店しております!

14317492_1449906231693227_9124218396642959063_n

14292455_1449906258359891_1493679941171474012_n

14232630_1449906271693223_1434768815414339275_n

TOBIU CAMP

0

今日、明日はTOBIU CAMPに出店!!

始まります!!

14237707_1448998161784034_4255968452775729823_n 14292463_1448998171784033_5630368108223326878_n 14291743_1448998188450698_6144372662734073974_n

イベント出店によるお休み

0

今週は10日(土)、11日(日)は『TOBIU CAMP』出店の為、店舗はお休みとなります。

10月2日は『空知の休日』出店の為、店舗はお休みとなります。

少しづつ寒さを感じるようになってきますが、空気の澄んだ秋に野外イベントを楽しみましょう(*^^*)

14183714_1445027675514416_5946275782495770520_n 14238077_1445027702181080_723067809528342280_n

9月の豆

0

9月になりましたが暑い。暑すぎる日が続きますね。

さて9月の豆!!

『ニカラグア ブエノスアイレス マラカトゥーラ』

ブエノスアイレス農園はホンジュラス国境に近い標高1100m~1400mのディピルトという村に位置します。

マラカトゥーラとは品種で、マラゴジッペ種、カトゥーラ種の交配種です。

ブエノスアイレス農園を経営するルイス・エミリオ・バジャダレス氏はCOE(カップ・オブ・エクセレンス。コーヒーの品評会)常連で、2014年もブエノスアイレスを含む4つのロットが受賞しました。

なんといっても豆が大きいです。他の豆と比べてわかるその大きさ!!

風味はオレンジのような明るくスッキリとしています。

14141736_1439618699388647_6147137804738156530_n

クライミングスペースCLUTCHについて

住所 北海道滝川市北滝の川1195
(ウェカラパ隣)
電話番号
0125-23-4000

◆営業時間
12:00~19:00(月・木・土曜日 12:00~23:00)
◆料金:
終日500円(高校生以下無料)

小学生までは保護者同伴でお願いいたします。
公式ブログ http://ameblo.jp/clutch-climbing/

1.(Q1)初めてでも大丈夫?

初めての方でも登れますのでお気軽にお越しください。

2.(Q2)持っていくものはあるのでしょうか?

ございません。
無料のレンタルシューズがありますので動きやすい格好でお越しください。

アクセス/営業時間

shop01

ウェカラパは北海道滝川市の焙煎珈琲店です。 コーヒー豆の販売、店内でコーヒーも飲めます。チョコレート等を使ったアレンジコーヒーもあります。

ウェカラパオンラインショップはこちら