ウェカラパは北海道滝川市の自家焙煎珈琲店です。 コーヒー豆の販売、店内でコーヒーも飲めます。チョコレート等を使ったアレンジコーヒーもあります。

珈琲焙煎 ウェカラパのご紹介

自然あふれる北海道滝川市で自家焙煎珈琲店を営んでおります。
世界各国で栽培されているシングルオリジンという、農園やファクトリー毎のスペシャルティコーヒーを店主が選び、その農園の特徴的な風味特性が一番出るローストで焙煎し販売しております。

自然と美味しいという言葉がでる。一瞬でも美味しい以外のことを忘れる。そんなコーヒー豆が焙煎できるよう日々研鑽を重ねております。

もちろんコーヒーも飲めます。
コーノ式ドリップで、一杯一杯「おいしくな~れ」と気持ち込め、エグ味のないコクのあるコーヒーを丁寧に抽出しております。

コーヒーが苦手という方にも、コーヒーに興味を持っていただけるよう、アレンジコーヒーも提供しております。 アレンジコーヒー、アイスコーヒーについては、かなざわ式ドリップでコーヒーのうま味部分のみを抽出したエキスで提供いたしております。 コーヒーという奥深い世界の入り口を広くすることで、たくさんの方にそれぞれのライフワークで楽しんでいただければと思っております。

ウェカラパとは、アイヌ語で「集まる」という意味です。北海道ではアイヌ語の地名が多くあり、先住民であるアイヌ民族が北海道を象徴すると思いました。なぜ「集まる」を選んだかというと、地域の方々はもちろん、色々な方たちに来て頂き、コーヒーという共通言語で親しくなることで輪が広がっていけばおもしろいなということと、ウェカラパはいつまでも変わらずそこにあり、変わらぬ顔がいる。そんな思いも名前に込められています。

地図/アクセス時間はこちら

MENU

Coffee beans

ブラジル オーロ・ヴェルデ 深煎り 730円
コロンビア サンチュアリオ  中深煎り 680円
エチオピア ゲシャビレッジ 中煎り 970円
グアテマラ フロレンシア 中煎り 780円
ウェカラパエスプレッソブレンド750円
今月の珈琲豆 毎月新しい珈琲豆を深煎り~浅煎りで販売しています。 
※すべて100g 
※コーヒー豆は100g単位での注文となります。

Coffee

ドリップコーヒー 各銘柄 450円 / 2杯目250円
アイスコーヒー      500円
カフェオレ        520円
カフェモカ        550円
カフェキャラメル     550円

エスプレッソ       400円
カフェラテ        520円

ドリップはコーノ式によるハンドドッリプでの抽出となる為、お時間がかかりますがご了承ください。
※フードのご提供はございません。

1.ブラジル特徴(豆)

brazil_bean01

ブラジル オーロ・ヴェルデ農園

オーロ・ヴェルデ農園は、バイーア州ピアタンのシャパーダディアマンティナのブラジル国内のコーヒー生産地の中でも標高が最も高く、1300m〜1400mに至る標高、平均気温が2〜17℃ととりわけ変動の大きなエリアに位置しています。

生産者は、カンディド・ヴラディミール・ラデイラ・ロサ氏。

オーロ・ヴェルデ農園は、もともと彼の義父であるアントニオ・リグノ氏の農園でした。

そんなアントニオ氏から、コーヒーのいろはを教わり、ピアタンの地利を活かした伝統的で高品質なコーヒーの生産を始めました。

そして、2014年末に開かれたCOEブラジルEarly Harvest 100回記念大会では、1位はオーロ・ヴェルデ農園、2位は義父のアントニオ氏のサンジュダス・タデウ農園、3位は兄妹であるゾラさんのティジュコ農園が獲得というファミリーの特別なエピソードになりました。

また『環境への配慮』が、カンディド氏の永遠のテーマです。

常に、使用する農薬肥料やコーヒーの周辺に植える木々、廃棄方法などの技術的指導を受け、これまでも度重なる改善して『素晴らしいケアが、高品質なコーヒーを生み出す』とカンディド氏は言います。

生産処理方法や収穫などに注目が集まることが多い中で、それだけでなく土壌の適切な管理、苗木の育成、生産処理後の保管など、多くの工程に気を使う事でより完璧なコーヒー生産を目指しています。

品種はカトゥアイ

生産処理方法はナチュラル

フレンチローストで、やさしく香ばしさある苦味とやさしくすっきりとしたボディがチョコレート、ナッツ、シナモンを感じる風味です。

2.コロンビア特徴(豆)

columbia_bean01

コロンビア サンチュアリオ農園

サントゥアリオ農園はポパヤン高原に位置し、南東にはプラケ火山(標高4,646m)を望みます。

コロンビア・ポパヤンは山岳地帯が多く、日照・降水量・標高・土壌といったコーヒー栽培の好条件の揃った特産地です。

農園主カミーロ・メリサルデ氏は、古き良き時代のコロンビアマイルドコーヒーの復活を目指し、なおかつ完全にサスティナブルな条件のもと、一から農園を設計し1999年に農園作りをスタートさせました。

サントゥアリオ農園では当初からスペシャルティコーヒーを目指し、苗木の播種から収穫、精選にいたるまで非常に高いクオリティを持った作業マニュアルを作り上げています。農園は標高1,850-2,100mの丘陵地にあり、敷地面積は260ha、このうち約188haにコーヒーが栽培されています。

農園には豊かな森林が広がり、多様な野生動物の住処となっています。農園は小さな区画に分けて整備されており、作業の記録や管理もしっかりと行われています。シェードツリーにはマメ科の植物を植え、施肥管理は有機肥料の投与のみを行い、 また標高が高いため害虫の問題は皆無で、農薬の散布は行っていません。また、農園の従業員や近隣の地域社会への貢献も積極的に行っています。

品種ブルボン

生産処理方法ウオッシュド

フルシティローストで、アップル、ミルクチョコレートのようなさわやかさとやわらかい苦味で、すっきりとした丸みあるボディが特徴的な風味です。

3.エチオピア特徴(豆)

etiopia_bean01

エチオピア ゲシャビレッジ

エチオピア西部のジャングル地帯ベンチマジに位置するゲシャビレッジ農園は、ゲイシャ種を採取し、先住民であるメアニット族と協力し、自然環境への配慮や雇用機会の創出を大切にし、相互理解に努めながら同国最高峰のコーヒーを生産しています。
農園オーナーであるアダム氏とレイチェル夫人は、農園から約20kmに位置する原生林ゴリゲシャの森(Gori Gesha Forest)を歩き続け、辿りついたのはジャスミンの香りが広がるGesha種の現生地。
そこから持ち帰った様々な品種から選別した6種を試験的に栽培し、試行錯誤の末、3種に絞られました。

今も最高級品種と言われるゲイシャ種です。

生産処理方法ナチュラル

シティローストで、華やかな甘味とまろやかな酸味、ボディとやさしい苦味がラズベリー、アプリコット、ジャスミン、チョコレートを感じる風味です。

4.グアテマラ特徴(豆)

guatemala_bean

グアテマラ フロレンシア

2008年、2009年と二年連続でグァテマラ カップ・オブ・エクセレンスを受賞したラ・フロレンシア農園は、首都グァテマラ・シティの東40kmにあります。
19世紀初頭に作られて以来、6代にわたってコーヒー栽培が続けられてきた由緒あるコーヒー農園です。
農園開設当初に植えられたブルボン品種を今日まで受け継ぎ、40人の農園従業員たちも、農園で生まれ農園で育ったフロレンシア農園を愛する人たちばかりです。

品種はブルボン

ハイローストで、まろやか酸味とはなやかな甘味、少しのやさしい苦味がアップル、ブルーベリー、黒糖、フローラルを感じる風味です。

5.コーヒー豆の保存方法

粉の状態で1週間、豆の状態で2週間ぐらいが、おいしく飲める期間です。そのことを考えて常温で飲みきれる量を購入することをお勧めいたします。
冷蔵する場合は、冷蔵庫の匂いを吸ってしまう為、密封容器や袋に入れて保存してください。
冷凍はお勧めいたしません。豆と豆の油分が分離してしまい、香味がなくなってしまう為です。

6.コーノ式ドリップ

当店のドリップコーヒーは、珈琲サイフォン社のコーノ式名門フィルターを使用し1杯ずつドリップいたしております。

このフィルターは、円錐状になっており、ペーパーをフィルターで支えるホルダーの役割をしています。

この原理はネルドリップと同じ原理で、ペーパーが円錐になっており、コーヒーの液がペーパーの中で滞ることなく一点に集中して抽出されます。

そうすることで、えぐみのないうま味成分だけを抽出することが出来ます。

image00image01

7.かなざわ式ドリップとは

うま味成分が凝縮されたコーヒーエキスを抽出します。
コーヒーは最初の段階でうま味成分が抽出され、一定量が抽出されるとうま味成分と共に渋みやえぐみも抽出されてしまいます。
かなざわ式ではうま味成分だけを抽出する方法で、後味もすっきりとしていて飲みやすいです。
当店ではアイスコーヒーやアレンジコーヒーの際に行っております。

image02image03

ONLINE SHOP

ウェカラパのコーヒー豆をインターネットからお買い求めいただけます

ウェカラパONLINE SHOPはこちら

最新のブログ記事

風味を考える

0

滝川市も窓が凍りつく厳しい寒さ。

荒れる予報もありましたが、今のところ穏やかな天気です。

今週は寒さが厳しいからなのか静かな日が多いのでラテアートの練習をしつつ、カフェラテを考察。

スペシャルティコーヒーと言えば浅煎り(ウェカラパは中煎り~深煎りですが・・・)という感じもありましたが、深煎りは変わらず好まれる人が多いと思います。

スペシャルティコーヒーは華やかな甘味と酸味があるアラビカ種です。

ここ数年では、苦味と香ばしさが強く缶コーヒーの原材料になるロブスタ種が注目されるようになってきています。

もともとイタリアのエスプレッソにはロブスタ種がブレンドされています。

アフォガードのようにアイスと合わせるとロブスタの強い風味がとても合います。

珈琲の好みでも苦味と酸味は別れると思います。

ラテは、エスプレッソと牛乳をスチームしてフォームミルクにしたものを使用するので、牛乳の酸味と深煎りの苦味が合います。

ウェカラパの珈琲豆でいうと「ブラジルバテイラ」はスモーク感がありフォームミルクと合わせるとまろやかで香ばしく奥行きある風味になります!

かといってラテに浅煎りは合わないのかというと合うんですよね!

「エチオピアゴティティ」を浅煎りにしてラテを作ると塩キャラメルのような風味になります!

「グアテマラサンファンテキシク」は販売している中煎りでラテを作ると明るく華やかな風味になります!

ウェカラパではエスプレッソブレンドでカフェラテは提供していますが、気になる珈琲豆でも提供出来ますのでご注文していただければと思います(オレ等のアレンジはブラジルバテイラ一択です)。

雪遊び

0

昨日の定休日は子供達と北電公園でチューブ滑りをしてきました!10回登ってヘトヘトになり、夜は子供達と一緒に寝てしまいましたが、起きて吹き溜まりが凄かったのでビックリ。

雪は少ないですが強風だったようです。

今日は凍れてますが天気は落ち着いている滝川市。

冬キャンプにスキーや登山、アイスクライミング、チューブ、雪合戦等々の雪のアクティビティにウェカラパの珈琲はいかがでしょうか?

サンファン農園

0

気温も上がり春のような雰囲気になりましたね。

グアテマラフロレンシアが終売となり、新しい農園の登場です!

「グアテマラ サンファンテキシク」

このサンフアン農園は、アンティグアを囲む山の斜面にあります。

アンティグアのコーヒー農園の多くが盆地の底、標高1500-1600mにありますが、サンフアンは少し高い1800-1850mの場所にあり、テロアールも少し特徴的です。

アンティグアを代表するコーヒー生産者がルイス・ペドロ・セラヤ氏で、自身の農園だけでなく、アンティグア域内の各農園の農園管理も受託し、約20の農園を管理しています。

サンフアン農園も同様に不在の農園主に代わって農園管理を受託し、最新の農学に基づいて、マメ科のシェードツリーを一定間隔に綺麗に配置し、また収穫日ごとのマイクロロット管理によって、「アンティグア・コーヒー」のブランドを超える素晴らしいコーヒーを提供してくれます。

品種テキシクテキシク品種は、エルサルバドル生まれのブルボンの選抜品種です。

生産処理方法 ウォッシュド華やかでまろやかな甘味とやさしくジューシーな酸味、少しのやさしい苦味があり、まろやかなボディです。

オンラインショップでも販売しております。

凍れました

0

昨日の夜は凍れましたね~!

今日の夜も冷え込みそうです。

クライミングもホールドの冷たさが手に厳しい季節です。

夕方は落ち着きましたが、今日は店内で飲まれるお客様も多く、また遠くアメリカから(今は北海道にいますが)友人が来てくれて楽しい時間でした!!

Thanks for coming!

2023スタート

0

2023年の営業開始!今年もウェカラパをよろしくお願いいたします。

1月の珈琲豆「メキシコ イクスウアトラン」ウェカラパとしては始めてのメキシコの珈琲豆になります。

そして、ここ数年話題のアナエロビックという生産処理方法になります。

イクスウアトラン(Santuario Process Center Ixhuatlan del Café)は、ベラクルス州の中西部イクスウアトラン・デル・カフェ市の中心街から1kmほどの山岳地に位置する生産処理センターです。

コロンビア、ブラジル、コスタリカ、メキシコの4か国でパートナーたちとユニークで最高のコーヒーを作ろうと動き出した、コロンビアのサンチュアリオ農園のオーナーであるカミーロ・メリサルデ氏が彼のノウハウを活かし、高品質なコーヒーを世界中に広げるプロジェクト、サンチュアリオ・プロジェクトは、2017年に本格的にSantuario Projectを発足。

イクスウアトランはメキシコでのSantuario Projectの柱の1つです。西方には標高5636mメキシコ最高峰のオリバサ山を望み、これに連なる山脈はベラクルス州の主要なコーヒー生産エリアでもあります。

Santuario Projectの中でもベラクルスにおいてはプロセス・センターを建設し、地域の伝統的なコーヒー生産の下で、生産者と二人三脚で高品質でユニークなコーヒーを生産する体制づくりが行われました。

サンチュアリオ・プロセスセンターに集められるコーヒーチェリーは、品質の向上と熟度の均一性を重視し、チェリーの選別だけでなく収穫時の糖度も重視しています。

アナエロビックとは、密閉タンクに移して72時間の嫌気性発酵を行うことです。ワインの樽で熟成させるのと似たような感じになります。

また、今回の品種であるF1ハイブリッドは、遺伝的に異なる親(例えば、エチオピアの野生種×カトゥーラ)を交配して作られる品種です。

その交配で生まれたのが一代雑種(F1ハイブリッド)です。品種 F1生産処理方法アナエロビックナチュラル熟度ある甘味としっとりとした酸味、やさしい苦味ある風味です。

オンラインショップでも販売しております。

年末

0

2022年も残り僅かとなり、今日からお休みの方も多いかと思います。

ウェカラパは30日、31日(17:00まで)も営業しております。

年末ですが、エチオピアゲシャビレッジが終売となり、新しい珈琲豆の登場です!

「エチオピア ゴティティ」

このクロップが収穫されるバンコゴティティは、グジエリアと隣接し、イルガチェフェエリアでも最も南に位置します。

標高が1,900~2,300mとコーヒーが育つとされるギリギリの高度に達する場所も存在し、収穫の季節の平均気温が他のエリアよりも低く、収穫されたチェリーはアフリカンベッドの上で時間をかけてゆっくりと乾燥されます。

このコーヒーを手掛けたのは2019年にHenock Fikru Asfaw 氏によって設立された、Alphabet Trading社です。

彼らは最高の品質と、透明性のあるコーヒーをモットーとしています。

品質面では収穫や精製を徹底的に管理するだけでなく、その後の輸出のプロセスに至るまでを毎年検証し、品質を低下させずいかに高品質なものをそのまま消費者まで届けられるかを考え抜いています。

また、透明性の面においてはトレーサビリティの高さが特徴で、彼らが手掛けるコーヒーは全てのプロセスの段階でトレースが可能で、栽培者を特定し、各コーヒーがどこで収穫、加工、保管されたかを確認することができます。

以前販売していたゴティティとは経営する会社が違い、風味特性の違いをはっきりと感じられます。

生産処理方法ナチュラル酸味が明るくやさしい華やかな風味です。

オンラインショップでは1月4日から販売開始いたします。

クライミングスペースCLUTCHについて

住所 北海道滝川市北滝の川1195
(ウェカラパ隣)
電話番号
0125-23-4000

◆営業時間
12:00~19:00 (月木21:00)
◆料金:
終日500円

小学生までは保護者同伴でお願いいたします。
公式ブログ http://ameblo.jp/clutch-climbing/

1.(Q1)初めてでも大丈夫?

初めての方でも登れますのでお気軽にお越しください。

2.(Q2)持っていくものはあるのでしょうか?

ございません。
無料のレンタルシューズがありますので動きやすい格好でお越しください。

アクセス/営業時間

shop01

ウェカラパは北海道滝川市の焙煎珈琲店です。 コーヒー豆の販売、店内でコーヒーも飲めます。チョコレート等を使ったアレンジコーヒーもあります。

◆営業時間
12:00~19:00
◆定休日 金曜日

ウェカラパオンラインショップはこちら